コードブルー 医療監修は?現役医師の誰!?

今回は『コードブルー 医療監修』について注目していきます。私はいつも『医療ドラマ』を見ていると・・。すごく気になる事があります。医療用語や処置方法とかは、実際の医療現場でも行う方法なのかな?と気になります。

 

だってもしも何かがあった時にその方法が使えるのか?!ドラマならではの方法なのかも気になるwアライフなんかは現役医師が 医療監修として協力していた為、医療シーンなど凄くリアルで格好良かった~!コードブルーシリーズでも 医療監修は使われているのでしょうか??調べてみました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

コードブルー 医療監修はいるの??

じつはコードブルーシリーズは、医療現場からも高い評価を受けていました。私も『コードブルーシリーズ』が大好きなので夢中で見ていましたが、『コードブルー』の魅力の1つは山ピーが格好良くて、ガッキーが可愛い!との魅力なだけではなく。

 

医療シーンがリアル

 

これも『コードブルー』が大ヒットしている秘訣の1つになりますね。過去のコードブルーの医療監修を調べて見ると・・。

 

日本ドクターヘリによるヘリコプター救急の第一人者の医師が熱心に監修していた!

 

なんとあのドクターヘリの第一者の医師が医療監修をしていた事に驚きと納得です。『コードブルー3』では同じドクターヘリ第一者の医師が医療監修をするのかはまだ分りませんが。可能性は非常に大きいのではないでしょうか??

 

コードブルー 医療監修は誰?

『コードブルー1』で協力した医療監修はこの方たちになります。

  • 益子 邦洋(日本医科大千葉北総病院救命救急センター)
  • 松本  尚(日本医科大学千葉北総病院救命救急センター)
  • 原  義明(日本医科大学千葉北総病院救命救急センター)

の先生方が医療監修として協力していました。

 

『コードブルー2』で、協力した先生は一部になりますが

  • 若葉クリニック 新村 核先生

 

 

スポンサーリンク
 

コードブルー 医療監修は必要なの?

 

はい!ドラマに監修は必要です。

 

先ほど話しをしたように、じつは医療ドラマだけではなく監修は必要になります。監修がいるからこそリアルが追求できます。じつは刑事ドラマでも監修を用意するドラマもあるんですよ!

 

コードブルー 医療監修を受ける理由

だたでさえ忙しい医師の医療監修。なぜ忙しい現役医師がドラマ撮影に協力をしてくれるのか??

 

それは医師不足解消を狙っている。

 

『コードブルー』を見て、ドクターヘリーになろう!そう思った人はいるはず!そう医師不足を少しでも改善し、若者にこんな仕事もある。そう伝える一番の近道はドラマ放送になります。忙しい医師でも、寛大に協力をしてくれる理由はそこでしょう。