日本有線大賞2017 最後の理由は?批判?!

 2017年12月4日放送のTBS系「第50回日本有線大賞」。50回目の今回でテレビ放送最後になってしまうようですね。

なぜ日本有線大賞の放送が2017年で最後なのでしょうか?理由は批判なのかな??日本有線大賞は、NHKの紅白のように日本の伝統とも呼べるべき年末行事の1つです。今年で最後なのはやっぱり寂しいですね・・・。

50回目で終了を決めた日本有線の理由について調べてみました。

日本有線大賞とは?

 年末の風物詩となっている「日本有線大賞」!2017年の50回を最後に終了してしまいます。

日本有線大賞とは、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき、その年の「最も聴きたい曲」、「最もリクエストされた曲」である『日本有線大賞』を決定する。注目度が高い賞になります。

 

現在CD売り上げだけでは分らなくなった人気。ある意味有線でかかる曲=聴きたい曲=今年の顔ですよね。

 

そんな有線大賞が今年で終わってしまうのは寂しいけど・・。大賞受賞者にとっては.最後の大賞は、かなり特別なものになりそうですね!

こちらもおすすめ⇒有線大賞 2017の予想はあの人?!結果出演者に批判の声は?

スポンサーリンク

日本有線大賞2017 最後の理由は

日本有線大賞は2017年に放送する50回目で、最後を迎えます。同じく年末の一大イベントである『レコード大賞』は今年2017年で59回目になります。出来レースなどと、批判も多いレコード大賞ですが、放送が終了する様子は全くありませんね。

なぜ日本有線大賞だけが最後を迎えてしまったのでしょうか?理由はこの2つが予想できるのでは??

日本有線大賞批判は?

大賞を決める事で、不満や批判が多くなるのは当然です。これまでも日本有線大賞に批判が全くなかった事はありませんが・・。

そこまで批判や不満が多くは出ていません。『レコード大賞』の方が、日本有線大賞と比べると『出来レース』だと噂さや批判も多く。『どうせ出来レースだからみない!』なんて声も多くありました。

その事から考えても、日本有線大賞は批判が多くて終了する事は考えにくいですね。

スポンサーリンク

日本有線大賞視聴率は?

じつは日本有線大賞が終わった一番の原因は視聴率の低下によるものと言われています。

 

過去の有線大賞の視聴率の一部を紹介すると。

 

第40回目の 2007年は13.0%あった視聴率!去年の第49回2016年は9.1%とかなり低下しました

年末の一大イベントで10%に届かないのは、かなり低い視聴率になります。

2016年大賞を取ったのはレコード大賞も日本有線大賞も西野カナさんになります。

日本有線大賞は9.1%の視聴率でしたが、レコード大賞は、買収疑惑騒動などの物議を醸しながらも、『第58回日本レコード大賞』の視聴率は 14.5%でした。この差は言うまでもありません。

 

日本有線大賞が視聴率低下してしまった理由で、一番当てはまるのは・・。日本有線大賞はガチな番組です。演歌歌手も多く出演します。

他の歌番組は若者が大好きな人気アーティストが多く出演する中、日本有線大賞は少し違います。

この『ガチすぎて演歌歌手が多いこと』これが、視聴率悪くなってしまう理由なのでは?

でも、そんなガチすぎる日本有線大賞が好き!との声も多くある事からも視聴率低下で放送終了してしまうのはやはり残念ですね。

スポンサーリンク

日本有線大賞2017 最後に批判な意見も

有線大賞を終わらせるなら、批判が多いレコード大賞を終わらせたら?!との意見がすごく多くありました。

ただそれと同じく多くあったのは・・。『レコード大賞』と『有線大賞』を同じだと思っていた!そんな声が思っていたより多くありました。

この2つが同じだと思っていた人は特に年末に放送する。『レコード大賞』の方に注目してしまい・・。その事も視聴率低下に繋がっている気がしますね・・。

 ドラマと生活
有線大賞 2017 三代目J Soul Brothers が出演しない理由は?
https://doramatoseikatu.com/archives/1599
有線大賞 2017年に『三代目J Soul Brothers 』は出演しないですね!!私ずっと最後の有線大賞なことで、三代目J Soul Brothers がノミネートしていると思い込んでいました。有線大賞を受賞する可能性も一番高いのでは?なんて思っていましたが、三代目J Soul Brother...